SEO対策の方法

パンダアップデート・ペンギンアップデートとは?


「パンダアップデート」「ペンギンアップデート」という言葉をご存知でしょうか?Googleが不定期に行うアップデートの通称です。「SEO対策をしているのに、急に検索順位が下がった!」という経験をお持ちの方も多いと思います。そのようなことがあれば、それはおそらくこのアップデートが原因です。

今回は、このGoogleによる二種類のアップデートについて、概要と対策方法をまとめてみました。

1.パンダアップデート

まずは、パンダアップデートについて。これは、低質なコンテンツのサイトではなく高品質なコンテンツを持つサイトを上位に表示し、ユーザーが満足できる検索結果を提供することを目的として行われるアルゴリズム改修です。
2011年に初めてのアップデートが行われました。その後は不定期に大きなアップデートが行われていましたが、最近はコアアルゴリズムに加えられ、継続的にアップデートがされています。そのため、以前ほど大きな影響はないかもしれません。

1-1.パンダアップデートが与える影響は?

ユーザーが必要とする情報を快適に収集できるように、良質なコンテンツを持つサイトを上位に表示させるというのがこのアップデートの狙いです。そのため、

・コピーコンテンツ
・自動生成されたコンテンツ
・誘導サイト
・広告が多いサイト
・内容が薄い、信ぴょう性が低いサイト

などはGoogleのアルゴリズムによって低品質なサイトと判断されて順位が大幅に低下することが多いようです。

1-2.パンダアップデートの対策は?

とにかく、他のサイトのコピーにならないようにすること充実したコンテンツを作ることだと思います。

・内容が濃い
・サイト構造が分かりやすい
・SEO対策のキーワードが適度に入っている(入りすぎていない)
・オリジナリティを大事にする

などを心がけるとよいでしょう。

2.ペンギンアップデート

一方、ペンギンアップデートは、悪質な被リンクを排除するために行われたアルゴリズム改修のことです。これもパンダアップデート同様、自動更新されるようになりました。以前は不定期にアップデートが行われており、被リンクの増減が検索順位に反映されるまでに時間がかかっていました。しかし、自動更新になったため、被リンクはリアルタイムで検索順位の決定に関わるようになりました。

2-1.ペンギンアップデートが与える影響は?


被リンクはSEO対策の中でもかなり重要なので被リンクの数を増やすために業者に頼んでいるというサイトもあるようですが、

・悪質な被リンクが大量にある
・リンクのアンカーテキストが同じようなものばかり

という場合はGoogleによって排除されてしまいます。

Googleのアルゴリズムはリンク元のサイトがスパムではなく充実したコンテンツを持つサイトであるかどうか、リンク元とリンク先の関連性が高いかどうかなども評価対象としています。
そのため、中身が薄いサイトを大量に作ってリンクを貼るという手法ではすぐにGoogleに排除されます。

アップデートはリアルタイム更新です。すなわち、悪質なリンクが増えるとすぐに検索順位が下がります。逆に良質なリンクが貼られればすぐに検索順位は上がります。

次に、ペンギンアップデートに惑わされないための対策をみていきます。

2-2.ペンギンアップデートの対策は?

それは、被リンクをこまめにチェックするということです。

自社のサイトはもちろんですが、リンク元のサイトも独自性が高いコンテンツを提供していたりまめに更新されていたりという条件を満たしていると良いです。

被リンクをチェックするツールとしてこのようなものもあります。
hanasakigani

hanasakigani.jp はサイトのURLを入力すると被リンクを教えてくれます。10秒~一分で結果がでます。ぜひ使ってみてください。

 

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

four × 5 =

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)