SEO対策の方法

被リンク対策のコツ


1.被リンクとは?

被リンクとは、外部のサイトから自分のサイトに向けて貼られたリンクのことです。
「バックリンク」と呼ばれることもあります。

2.なぜ被リンクが重要なのか?

「SEO対策では被リンクが重要だ」「SEOの外部対策は被リンク」というのは定説だと思います。しかし、なぜ被リンクが重要とされているかをご存知ですか?

それは、検索エンジンが順位を決める際に、サイトの善し悪しを判断する指標として被リンクの質と量を使用するからです。

検索エンジンは、ただサイトのコンテンツを見て決めるだけではありません。第三者の評価はどうなっているのかも重視しています。そこで、良質なサイトであればリンクが貼られているはずだと考え、検索順位決定の際に被リンクを判断材料の一つとしています。

「被リンクはもう終わった」といわれたこともありましたが、それはスパムの被リンクを大量に作ることに意味がなくなったというだけで、被リンクは依然として対策すべき重要な要素であることに変わりはありません。

3.被リンクの対策は?

それでは、実際にどのような手を打てば被リンクを増やすことができるのでしょうか?

被リンクの増やし方は大きく二パターンにわかれると思います。

3-1.リンクを貼ってもらえるようなサイト作り・サイト運営を心がける

外部対策として被リンクを増やしたいものの、そのためにはやはり内部対策としてのコンテンツが大事です。なぜなら、サイトのコンテンツが良ければリンクを貼ってもらえるからです。

リンクを貼りたくなるようなコンテンツとは、つまり、誰かに伝えたいと思えるようなコンテンツだということができます。
誰かに伝えたくなるような有益な情報を提供することが重要です。

また、せっかく有益なコンテンツのサイトを作っても、認知されなければ意味がありません。
そこで、ソーシャルメディアやブログなどを活用して広めることも有効です。
認知が高まれば、サイトを見てリンクを貼ってくれる人も増えます。

3-2.関連性の高いサイトを作ってリンクを貼る

被リンクは、リンク元との関連性が高いことリンク元のサイトのコンテンツが良質であること、が評価向上にとって重要なポイントです。

そこで、自社のサイトと関連する内容のコンテンツを提供するサイトを作り、リンクを貼るという方法があります。

リンク元のドメインが同じものが多い場合や、アンカーテキストが似たような文言ばかりの場合は、検索エンジンにとっては低評価になるので、多種多様な被リンクにしましょう。

 

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

19 − 4 =

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)