SEO対策の方法

【違いを検証】ブラックハットSEO・ホワイトハットSEOとは?


ブラックハットSEOとは

検索エンジンはその独自のアルゴリズムによって良質なサイトが検索結果の上位に表示されるように作られていますが、やはり機械なので、どうしても人間と同じようにはサイトを評価することができません。そうした検索エンジンの不完全さにつけこみ、アルゴリズムの裏をかいた悪質な技術によってサイトの掲載順位を上げようとするSEOの手法を「ブラックハットSEO」と呼びます。

ブラックハットSEOの具体的な手法 

では、ブラックハットSEOには具体的にどのような手法があるのでしょうか。その中のいくつかを挙げて説明していきます。

・隠しテキスト

背景と同じ色のフォントや非常に小さなサイズのフォントを使用して、キーワードを大量に埋め込んだテキストをサイト内に設置する方法です。

・クローキング

検索エンジンのクローラーがサイトに訪問した際、ユーザーが見る普通のページとは別の、キーワードが多く含まれたページを閲覧させる方法です。

・リンクグラフ偽装

適当なサイトをたくさん作って自分のサイトにリンクしたり、業者からリンクを購入したり、相互リンク集を利用したりして意図的に被リンク数を増やす方法です。これが最も代表的なブラックハットSEOの手法だとされていました。

他にも

・プログラムを使用したコンテンツの自動生成

・他のサイトのコピーコンテンツの作成

・広告がほとんどを占め十分な付加価値のないサイトの作成

など、ブラックハットSEOには様々な手法があります。

 

ブラックハットSEOの有用性

かつてはこれらのブラックハットSEOが公然と行われており、それが一定の成果を挙げていました。しかし、現在はGoogleのスパム検知精度が向上し、検索結果が健全なものになるようなアップデートも繰り返し行われているので、年々ブラックハットSEOのコストとリスクが高まっています。

たとえ一時的に検索結果上位への表示に成功しても、いったんスパム行為があったと判定されてしまえば、ペナルティーとして対象ページの掲載順位を下落させられたり、最悪の場合は検索結果に一切現れなくなったりすることもあります。

このようなことを背景に、ズルをするより普通に頑張った方が早いということになり、近年SEOの本筋だとされているのが「ホワイトハットSEO」です。

 

ホワイトハットSEOとは 

検索エンジンのガイドラインを遵守しつつ、コンテンツの質を高めてユーザーにとって有益なものになるようサイトを最適化することによるSEOの手法を「ホワイトハットSEO」と呼びます。

ガイドラインというのは、例えばGoogleが公開している「検索エンジン最適化スターターガイド」や、「ウェブマスター向けガイドライン(品質に関するガイドライン)」のことを指します。

このガイドラインから外れた行為をしないことは重要ですが、ホワイトハットSEOにおいて基本となるのは、良質なサイトを作成するということに限ります。単純なことですが、最も大切なことでもあります。

 

良質なサイトを作成する際の留意点 

良質なサイトを作成しようと思うときに意識するべきものとしては、以下のような点が挙げられます。

・どのような人をターゲットとしているサイトであるかが明確になっているか

・体系的にまとめられていてユーザーにとって読みやすく使いやすいサイト構造になっているか

・独自性のあるコンテンツを多く含んでおりユーザーが満足できる情報量の多いサイトになっているか

このようなことを意識できれば、検索エンジンからの高評価を得られるだけでなく、ユーザーの支持も得ることができ、人づてに自然な形で自身のサイトにリンクしてもらうことにもつながります。

 

全ての不正を検知できていなかったりして、ブラックハットSEOを行っているサイトが検索結果上位に表示されてしまうことはまだあります。ただ、アルゴリズムの改修などにより、年々そのような手法は通用しなくなっています。

どうしたらスパム認定を回避できるかというところに知恵を絞るのではなく、充実したコンテンツを作成してじっくりとホワイトハットSEOを行っていくことを私はおすすめします。

 

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

16 + 14 =

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)