SEO対策の方法

内部施策をマスターしてSEO対策を万全に!


SEO対策の2つのアプローチ~外部施策と内部施策~ 

検索エンジンにおける検索結果画面で自身のサイトを上位に表示させるための対策であるSEO。このSEOには、大きく分けて外部施策内部施策という2つのやり方があります。

外部施策というのは、他のサイトから多くのリンクを集めることによって結果的にそのサイトの検索表示順位を上げる被リンクを中心とした施策です。

以前はこの外部施策がSEO対策の主流でしたが、検索エンジンのアルゴリズム改修などで被リンクが不自然な形で行われた場合にはペナルティーが発生するようになったこともあり、最近ではもう一つのSEO対策である内部施策が重視されるようになっています。

内部施策というのは、ページや内部リンクの構造を工夫したりといったように、サイトの中身に対して行うSEO対策のことです。以下、この内部施策というものが一体どういうものなのかを詳しく説明していきます。

 

内部施策の目的とは 

内部施策のことをより良く知るためには、まず、どうして内部施策をするべきなのかを知っておく必要があります。内部施策を行う目的としては大きく分けて以下の2つを上げることができます。 

・検索エンジンに自身のサイトを良いものだと評価してもらう

検索エンジンは、ユーザーのニーズに応えられそうなサイトを検索結果画面の上位に表示する傾向があります。よって、サイトの構造などを工夫することによって検索エンジンに自身のサイトを良質なものだと認識させることはSEO対策としてとても重要なのです。 

・クローラーの自身のサイトへの巡回頻度を高める

クローラーとは、インターネット上のあらゆるサイトの情報を取得しながら検索用のデータベースやインデックスを作成する自動巡回プログラムのことです。

クローリングの頻度が高くなった方がサイトや各ページの更新情報を検索エンジン側に連携する回数が増えるので、良質なサイトを作っているのであれば、それが掲載順位の向上につながりやすくなるのです。

 

内部施策の具体的な方法 

内部施策をどうして行うべきなのか分かったところで、次は内部施策とは具体的にどういったものを指すのか、その代表的なものを説明していきたいと思います。 

・キーワードを適切に使用する 

検索エンジンはユーザーの検索目的をより満たせそうなウェブサイトを良いサイトと判断するので、サイトのタイトルや紹介文、テキストやアンカーテキスト(リンクされている部分のテキスト)などにキーワードを適切に配置することはとても重要です。

ただし、必要以上にキーワードを入れすぎると不正行為と疑われてペナルティーを受けることもあるので、あくまで自然にキーワードを配置するように注意しましょう。 

・定期的にサイトを更新する 

検索エンジンは、常に新鮮な情報を発信しているサイトを良いサイトだと判断するので、サイトの定期的な更新は掲載順位の向上につながります。

また、新規ページを作成しサイトに追加することによって、サイト内に含まれるページ数が増加しますが、これによりサイト内リンクを充実させることもできます。 

・見出しタグを最適化する 

ページタイトルではh1タグ、文中では、h2やh3といったように見出しタグを適切に使って文章構造をハッキリさせることで、ユーザーにとっても検索エンジンにとっても見やすい構造になり、サイトの良い評価につながります。

この見出しタグの順番が不規則になっていると検索エンジンに適切に評価してもらえなくなるので、注意しましょう。

・パンくずリストを作成する 

パンくずリストとは、上位の階層となるウェブページを階層順にリストアップしてリンクを設置したリストのことを指し、通常はコンテンツの最上部に記載されます。

これを作成することで、クローラーが最も適切かつスムーズに巡回をしてサイトやページの価値を把握できるようになります。

また、これにより、アンカーテキストにキーワードを自然な形で含めることが可能になっています。

 

以上、内部施策の中でも主要なものをいくつか紹介してきましたが、なにもこれらは難しいテクニックではなく、ユーザーのことを考えサイトを見やすいように工夫していれば自然と行われうるものだということが分かると思います。こうした特別ではないことを着実に実践していくことが、SEOでは一番大切になってくるのです。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

thirteen − ten =

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)